【無料】VPSが落ちたらLINEに通知する方法

2020年6月15日月曜日

MT4

t f B! P L
皆さん、こんにちは。

今朝はお名前デスクトップクラウドで障害がありました。
最近多いですよね。

国内のVPSではコストパフォーマンス抜群なので私も使っているのですが
こう頻繁に障害が起きてしまうと考えものです。
FX専用VPSなんて銘打っているわけですから、品質も高くしてくれないとね・・・

でもインフラに100%は無いわけですから、障害は起こります。
障害が発生したとしても迅速に検知しして、対処できれば被害を最小限にできます。

今日はそういうお話です。


やりたいこと

  1. VPSに障害があった際に、メールやLINEで通知する
  2. MT4が落ちてしまった際に、メールやLINEで通知する


世の中にそんなサービス無いのー? できれば無料で。

そんな都合の良いものあるわけ・・・ありました!


その名もマカレル。

https://mackerel.io/ja/


サーバを監視してくれるサービスなんですが、料金プランを見てみましょう。


なんとホスト5台まで無料! すごい。

今回の目的にはヒストリカルな分析は不要なので無料で十分です。

これでいきましょう。


ちなみに登録から2週間はトライアル期間ですので、全機能が使えます。

サインアップの方法なども画像つきでお見せしたかったのですが

めんど、大昔にやってしまったので下のヘルプページを見ながらご自身でやってください。

そんなに難しくないはず。

https://mackerel.io/ja/docs/entry/getting-started


準備するもの

  1. マカレルの登録
  2. 監視したいサーバ(今回はお名前デスクトップクラウド)

作業の流れ

  1. サーバの登録
  2. 監視設定の追加
  3. アラート通知の設定
  4. MT4の監視追加

1. サーバの登録

1.エージェントのダウンロード


左ペインの 一番下、「新規ホストの登録」をクリックします。


すると右ペインにOS選択画面が出るので、Windowsを選択します。

表示されたダウンロードリンクをコピーし、VPSのブラウザで開いて保存します。
またAPIキーをコピーしておきます。


2. エージェントのインストール


上記で保存したエージェントのインストーラを実行します。

APIキーの入力を求められるので、上記でコピーしたAPIキーを入力(ペースト)し、
インストールを続行します。



以上で、エージェントのインストール完了です。

3. 確認

左ペインの「Hosts」をクリックします。

正常にエージェントがインストールできていれば、右ペインが下記の様な表示になります。

ホスト名はご自身のVPSのホスト名になります。


2. 監視設定の追加

左ペインの 「Monitor」をクリックし、「監視ルールの追加」をクリックします。

今回は

・ホストメトリック監視 ・・・ CPUやメモリ使用量の監視

・ホスト死活監視    ・・・ ホストがダウンしていないか監視

を追加します。


1. CPU使用率の監視追加

「ホストメトリック監視」をクリックします。

入力箇所は下記3点で、私はこのようにしていますが、厳し目なので

もっとゆるくても良いかと思います。


2. 死活監視の追加

「ホスト死活監視」をクリックします。

設定変更が必要な箇所は無いです。


3. 確認

左ペインの 「Hosts」をクリックし、右ペインからホストを選択します。

Monitors 欄に先程追加した監視項目があることを確認してください。

3. アラート通知の設定

通知設定は左ペイン「Channels」から行います。

「通知グループ/通知チャンネルを追加」をクリックします。

通知できる宛先は複数作れます。私はメールとSlack、LINEにしています。

通知したいものをクリックし、画面の指示に従って追加してください。


これでホストがダウンしたり、CPU使用率100%張り付きになった場合に通知が来ます。

4. MT4の監視追加

さて、いよいよ最後です。

VPSのエクスプローラを開いて、エージェントがインストールされたフォルダへ移動します。

標準ではここです。

C:\Program Files\Mackerel\mackerel-agent

そのフォルダの

mackerel-agent.conf ファイルをメモ帳で開きます。


そして最終行に書きを追加して保存します。

terminalというプロセスをチェックせよ という意味です。


 [plugin.checks.check_mt4]

command = ["check-procs","--pattern","terminal"]


MT4が複数ある場合は、このようにすることでプロセス数が2を下回ったらアラーム発報するというオプションもあります。

command = ["check-procs","--pattern","terminal", "--critical-under", "2"]


ファイルを更新したらサービスの管理から mackerel-agent を再起動してください。

分からなかったらVPSを再起動で反映されます。


まとめ

とくにまとめることも無いのですが、便利なサービスですね^^
今回説明していない監視設定もまだあります。
ログファイルの監視などもできますので、MT4の接続が切れたらアラームとかも可能です。
とにかく無料なんでお試しあれ!

人気記事

注目の投稿

トレード方法(書きかけ、随時更新します)

 狙う波動を決める 通常は3波、5波、A波、C波 が狙うべき波動となる。 これらはいずれもアクション波(一回り大きな波動と同方向)であり、この波動でトレードすることはいわゆる順張りになる。  3波、5波 A波、C波 エントリーチャンスを探す 狙うべき波動を上記のように決めると、問...

このブログを検索

カテゴリ

ブログ アーカイブ

QooQ