6月第3週 クロス円予想

2020年6月14日日曜日

t f B! P L
まずは前回のUSDCADについて振り返り

エントリーもイグジットも強気型で良かったですね^^
きちんと窓埋めまでいきました。分割利確大事!

A-B-Cはまだ完成していなくて、もう1段下があるような気もするのですが
十分値幅は取れたのでこれで満足です。
あと、ブログに書くことで頭の中が整理されて迷わず行動できるという
メリットがありました。アウトプット大事ですね。

いまはクロス円、特にポンド円を見ています。

クロス円は基本的には同じ動きになっています。




ポンド円1時間足に注目すると 6/6高値から6/12安値までがa波:c波が1:1となる
ジグザグに見えます。b波によるリトレースが思ったより弱かったのが気になりますが
一応完成したように見えます。



ということで、ここからは(v)波だ! ロングだぜーと行きたいところ。
実際133.920でINしています。
ですが、週末に建値カットとなりそうなくらい追い込まれているので、
本当にロング目線で大丈夫なのかを考えたいと思います。


疑惑のポイントはここです。


3波動構成に見えるというか、3波動にしかカウントできないですよね^^;

1分足まで下ろして見てみると、疑惑の3波動に続く下落は5波動になりそうです。
下落波動③が1つ前の谷で、図の③の位置が⑤というc波フェイラーパターンもあるかもしれません。


また波動のカウントはかなり恣意的にできるものです。
疑惑の3波動も5カウントしようと思えばできますし、
続く5波動も3波動にカウントしようと思えばできます。

重要なことはロング目線の確かさが、盤石ではない。
最初にあげたクロス円はほぼ同じ動きをしていますので、他の通貨ペアについても
該当箇所をカウントしてみると、やはり同様でした。

6:4でショート優勢かなという感覚です。

ということで来週の見通しとしては

このまま上昇する場合
 現在のポジションを持ちつつ、追加ロングを検討
 136.04の高値を更新した後は上昇確定なので、押し目狙いに
 図の④から押して上昇する場合を考えるとなかなか難しいです。

下落する場合
 現在のポジションを薄利で確定させ、c波終点を待ってロングエントリー。

 c波終点候補は下記の3つで、プライスアクションで入ります。
 134.02 付近
   133.6 付近
   133.3 付近

これ以上下がる場合はご縁がなかったかなと諦めます。

保有ポジションはロングですが、下がってくれた方がやりやすいという
悩ましい結論になってしまいました。

人気記事

注目の投稿

【無料】VPSが落ちたらLINEに通知する方法

皆さん、こんにちは。 今朝はお名前デスクトップクラウドで障害がありました。 最近多いですよね。 国内のVPSではコストパフォーマンス抜群なので私も使っているのですが こう頻繁に障害が起きてしまうと考えものです。 FX専用VPSなんて銘打っているわけですから、品質も高くしてくれない...

このブログを検索

カテゴリ

ブログ アーカイブ

QooQ