Oracle CloudでVMの死活監視をする

2020年1月17日金曜日

OracleCloud

t f B! P L
皆様、こんにちは。

Oracle CloudのVMがダウンしたことをメールで通知させる方法があります。
これを設定しておくことで、VMのダウンや再起動を知ることができます。


設定方法


メニューの「モニタリング」から「アラームの定義」へ進んでください。

「アラームの作成」を押して設定を開始します。

以下、赤枠の箇所を設定してください。


アラーム名: 任意の名前


メトリック・ネームスペース: oci_computeagent
メトリック名: CpuUtilization
ディメンション名: resourceDisplayName
ディメンション値:  自分のインスタンス名


トリガー・ルール: なし



通知設定をする前に、トピックの作成をクリックします


すると、下記の画面になるので

トピック名: 任意の名前
サブスクリプション電子メール: 通知を送りたいメールアドレス

を入力し、「トピックとサブスクリプションの作成」をクリックします。


最後にアラームの保存を押して設定完了です。

通知先のメールアドレスに承認メールが飛んでいるので、リンクをクリックして承認してください。
これでVMがダウンしたり再起動すると、メールで通知が飛びます。

人気記事

注目の投稿

トレード方法(書きかけ、随時更新します)

 狙う波動を決める 通常は3波、5波、A波、C波 が狙うべき波動となる。 これらはいずれもアクション波(一回り大きな波動と同方向)であり、この波動でトレードすることはいわゆる順張りになる。  3波、5波 A波、C波 エントリーチャンスを探す 狙うべき波動を上記のように決めると、問...

このブログを検索

カテゴリ

ブログ アーカイブ

QooQ