来週からの予想

2019年12月16日月曜日

為替 環境認識 日経225

t f B! P L
久しぶりに環境認識から書いていきます。

(1) 先週の振り返り。

先週は英国総選挙、米中貿易協議フェーズ1と世界中が緊迫した1週間でした。

どちらもややサプライズな結果に。

英国は与党保守党の圧勝。
米中協議は中国が農産品を500億ドル購入することで合意。

私としては延期あるかなと思っていたのですが、日本時間午後11時にトランプさんが
こうつぶやいたことで、合意無いんじゃないかと思ったわけです。


いまだに、このツイートをこのタイミングでした意味が分からないわけですが、
当然相場は反応しました。わずか15分で220円の下落。

ただその後、0時に中国の会見があって相場は急速に戻すことになります。
トランプさんのツイートが絶好の買い場だったことになりますが、ここで買える人は
ほぼいなかったんじゃ無いかと思います・・・

私はリアルタイムでツイートした通り、ドル円のショートを利食うことができて
まさにトランプ様様でした。

(2) 来週の予想

日経、ドル円ともに下方向と見ています。
今年の大きな材料2つがとりあえず決着したので、一度は材料出尽くしの売り。
利益確定の流れになるんでしょう。

日経225CFD(4時間足)

日経は最終5波の副次波がダイアゴナルになる予想。そのiv波に入ったと見ています。
戻りの目安は23,600円付近。ここでショート手仕舞い、ドテンロング予定。

ドル円はジグザグのB波に入り、副次波がフラット。そのc波に入ったのではないかと思います。13日の高値が2日高値に肉薄したところが熱いですね。
ドル円はフラットなので、大きく下落して欲しいところですが、日経の最終5波を考えると
浅い修正(といってもa波終点の108.4は超える)でほどなくC波入りすると思います。
B波がいつ完成するかはかなり注意深く見ておく必要があります。
USDJPY(日足)

USDJPY(15分足)

どちらも外れるパターンとしては、
日経が来週早々に高値更新するパターンで最終5波が完成してしまう場合です。
その時はドル円のジグザグは別カウントでc波完成となります。
そしてその場合は、日経もドル円もずーーーと下方向で見ることになります。

昨年に続き、クリスマス暴落や新年のフラクラみたいなことが今年も十分考えられるので
気を付けたいですね。


人気記事

注目の投稿

ドル円考察

(お約束) 以下はすべて想定なので、断定的に書いていても選択肢の1つでしかないです。 想定は日々変わります。 あと、トレードの役に立つことも書いてません。 最後まで読んでも利益を得られるような何かはありません。 ----------------------------------...

このブログを検索

カテゴリ

ブログ アーカイブ

QooQ